薬物によるうつ病の治療

うつ病の治療の方法には、まず休養が大切です。そして休養と共にうつ病の治療の基本になるのが薬物による治療なのですが、薬物によるうつ病の治療にはどのような薬を使用するのでしょう。うつ病の研究が進んだ現在では、うつ病は脳内で神経伝達を行なう機能が正常に働いていない状態だと考えられています。この「神経伝達を行なう機能」が異常な状態になっていることで、正常な感情や思考ができなくなるのがうつ病の状態です。なので、この脳内の障害を薬によって改善するのが薬物によるうつ病の治療なのです。うつ病の治療に用いられる薬を抗うつ薬といいます。うつ病に治療に用いられる抗うつ薬は、三環系抗うつ薬、モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの様々な種類があります。うつ病の治療に薬物が用いられるようになった最初のころは主に三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬が使われていたのですが、研究がすすむにつれてSSRIやSNRIなどのより副作用の少ない種類の抗うつ薬が開発されました。三環系抗うつ薬にはイミプラミン、トリミプラミン、アミトリプチリンなどがあります。SSRIにはパロキセチン、フルボキサミンなど、そのほかにもトラゾドン、スルピリドなどの抗うつ薬を用いてうつ病を改善します。

うつ病の精神療法-カウンセリング

うつ病の治療法:カウンセリング

目的:うつ病治療の基本は患者をストレスから解放すること

具体例
・うつ病の患者は責任感が強いので、叱咤激励してはいけない。「頑張れ」や
 「甘えるな」という言葉が患者を追いつめるので注意が必要となる。
 励ますと余計な責任を感じてしまいので、それがストレスとなってうつ病の
 症状が悪化し、最悪の場合は自殺願望を抱くようになることもある。
 逆に「心配するな」「気楽に」といった内容の言葉をかけるのがよい。

・重要な意思決定は避ける。例えば転職・退職、離婚するか如何かと言った
 重要な意思決定はなるべく後回しにし、思考が低下した状態にある患者に
 無理をさせてストレスを与えたり、誤った判断をさせない事が大切である。

・十分に休養させること。

うつ病の治療

うつ病の治療法の基本は休養と薬による治療である。
まず十分な休養をとることが大切で、抱えている仕事や家事などの
荷物を少しの間おろし、疲れた心と体に十分な休養を与えることが大切である。
それと併行し、投薬による治療で脳内神経伝達物質のバランスの乱れを
調整する。うつ病患者の多くが投薬治療に頼ることを甘えている・依存する事と考え、
治療を受けることに抵抗を感じている方が多いが、どんなに体や心を休めても、体の中で起こっている変調をしっかり修復しなければうつ病は完治しないのである。また他の病気と同様に、放置しておけばますます悪化する危険性もある。

病医院での診察からうつ病治療までの流れは、普段風邪などで病医院へ行ったときと同様に、十分な問診を行い、薬によるうつ病治療が開始される。

主な問診の内容は、「どんな症状があるのか」、「何時ごろから症状が出始めたか」「大きな環境の変化などはないか」等の話しを聞きながら、うつ病に至るまでの原因を探すことになる。

治るまでにある程度の時間は必要となるが、うつ病は早期発見と適切なうつ病治療を受ければ治る病気である。うつ病が「病気」であることを理解し、
焦らずじっくりうつ病治療に取り組むことが重要となる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。