うつ病とは

うつ病とは一般成人では約10人に1人が、一生に一度は何らかのうつ病の症状を経験するといわれている程一般的な現代病となっている。最近は男性のうつ病がクローズアップされているが、従来は女性の方がうつ病は多く、4〜6人に1人の女性がうつ病を経験すると言われている。

この様な現代病とも言えるうつ病だが、その原因は正確には分かっていない。
ただ、うつ病は心の病、心の症状であると同時に脳の病気でもあるということは解っている。
うつ病の症状は、十分な休養と正しい治療により、うつ病患者の8割は完治が可能と言われている。しかし残りの2割は一度はうつ病を克服しても再発したり、うつ病の症状が慢性化するといわれている。
うつ病は一生治らない難病という印象を持っている人もいるようだが、本来は治癒率が高い病気なのである。
うつ病が完治するか慢性化するかは、多くの場合、うつ病の治療に対する取り組みの正しさがポイントになる。
様々なストレスの症状がかかった場合に、一時的に抑うつ状態になることは誰にでも
経験のあることだが、多くの場合しばらくすると抑うつ状態を克服し平常心に戻る。
しかしこのストレスが一定以上の強さや期間を超えると、自然治癒力を超えてしまうため、
うつ病の症状などを発病してしまうのである。
うつ病になると理由も無く「絶望感」「不安」「倦怠感」などが延々と持続する。
うつ病は「心の風邪」と比喩されることがあるが、その辛さは風邪の症状の比ではない。

ストレスに対する強さ(ストレス耐性)は個人によって異なるため、
同じストレスを受けてもうつ病になりやすい人とそうでない人がいる。これには性格が大きくかかわっている。性格は、遺伝的に持っている素質と、生育環境や
教育などに影響されて形成されると考えられている。

精神療法によるうつ病の治療

うつ病の治療法で精神療法というと、特別な治療なのかと気構えてしまいがちですがそれほどたいしたことがある訳ではありません。うつ病の精神療法は基本的に、診断してもらっている医師とよく話し合うことなんです。医師の治療といってもカウンセリングのようなもので、日々の生活での問題や悩んでいること、または考え方について医師に話してみることからはじめるといいでしょう。医師にそれらの話をすることで自分が何の原因でうつ病になったのか気付いたり、その原因を改善していくために行なうのが精神療法によるうつ病の治療の方法です。精神療法によるうつ病の治療は、うつ病が発症した原因となっているストレスがはっきりしていて症状が軽い場合に行なわれることが多いうつ病の治療方法で、反対に重たいうつ病の症状の場合には精神療法を用いることで症状がより悪い方向に向かう可能性もあるそうなので注意が必要です。うつ病は治療方法の選択と治療の順番が大切で、うつ病の改善のための基本となるのは、休養と薬物による治療です。実際には、これらの方法によってうつ病の症状が軽くなってきた段階でカウンセリングを行なったり精神療法を取り入れていくことが多いのだそうです。

五月病とうつ病の違い

五月病とうつ病の違いは何でしょうか。
五月病は環境の変化による一過性の心身の不調で、多くの人は環境の変化や人間関係、仕事に慣れるに従ってよくなっていきます。
一方、うつ病は五月病と同じように、勉強や仕事に身が入らない、朝起きられない、体の不調などが長期間続きます。
五月病も重症化してうつ病に進行する危険性がありますので、症状が長引くようならば病院に行って診察を受けることをお勧めします。

うつ病とは、憂鬱な気持ちや無気力感などが長期間続き、日常生活や仕事に支障をきたしてしまう状態を指します。
ストレスなどが引き金となり、脳内の神経伝達物質の行き渡りがバランスを崩し、心身に不調が現れてくるのであって、さぼっていたり、心が弱いからなる訳ではありません。
言い換えれば、誰でもかかる可能性があるということです。

うつ病の治療では、休養と薬の服用が基本となります。
神経科や心療内科で、お医者さんと充分話し合って、時間をかけて治療をしていきます。
すぐに治るものではありませんので、あせらずにゆっくりと時間をかけてください。
治療薬は少しずつ効果が出てくるものなので、服用して2週間くらいは様子を見なければいけません。
服用してすぐに効果が現れるものではありません。
また、症状が治まっても勝手に薬の服用をやめずに、お医者さんの指示に従ってください。
家族も勝手に薬をやめさせたりしてはいけません。
必ず良くなると、周りの家族もあせらずに気長に見守ることが大切です。

冬季うつ病(季節性うつ病)

秋から冬にかけて寒くなり、日も短くなってくると、気分が滅入って何もする気が
なくなる。このような日照時間が短くなる秋から冬に限って現れるうつ状態を「冬季うつ病(季節性うつ病)」という。

冬季うつ病のはっきりとした原因はまだ明らかになっていないが、日頃感じている
ストレスと季節要因が絡まって、気分が落ち込む状態になるのではないかと考えられている。

冬季うつ病の人は、焦燥感や不安感に襲われるとともに、活動性が低下し、
体の不調を訴える等の症状がみられるのが特徴である。冬の間は一日中眠気が取れず、
無気力になる一方、甘いものを過剰に食べたり、欲しがったりする「過食」症状も
併せてみられる。

冬季うつ病は一度発症すると、毎年ほぼ同じ時期に繰り返し起こる特徴がある。
また、冬季うつ病の患者の男女比は圧倒的に女性が多く、男性の4倍近くに
上ることが明らかになっている。

冬季うつ病は秋や冬になると症状が出るので、日照時間の減少により、
ホルモン分泌や体温のリズムに変調が起きるのが原因になっているのではないかと
考えられている。したがって冬季うつ病の治療法としては、通常の抗うつ薬よりも、
強い光を患者に照射する「光療法」が有効とされている。

冬季うつ病の患者は、秋から冬にかけて調子が悪くなっても、春先になると
自然に元気が出てくる。このため、うつ病の治療を受けずに放置している人も
少なくない。冬季の不調を繰り返し経験している人は、一度精神科を受診することが
望ましい。

子供のうつ病

子供のうつ病が増加してる。しかし、子供のうつ病は今はじまったことではない。今までがうつ病と言われなかっただけで、子供もうつ病に似た症状は、思春期などに多かったと思われる。

実際に大学の調査結果でも小学生は1.6%、中学生は4.6%がうつ病をの症状を経験している。
確かに引きこもりや、不登校、自殺が後を絶たない現代、この結果をもって、子供のうつ病があると言わざるおえない状況であるのは確かである。

子供は大人と比べて精神的にも未発達だし、大人でさえ現代社会におけるストレスなどで、うつ病が増加している。
子供ならなおさらうつ病になっても何の不思議もない。
授業中に立って歩く子供や、気にせずしゃべる子供が低学年に多いという。
まさにうつ病予備軍と言ってもおかしくないのではない。子供を守るのは親や、学校を含めた地域社会。

せめて子供にはストレスを試させない環境作りを、我々大人が心掛けたいものである。

躁うつ病とは

躁うつ病とは、その名の通り「躁状態」と「うつ状態」を繰り返す病気である。
落ち込んで、憂うつといった「うつ状態」と、気分がハイになる「躁状態」とが交互に現れる状態で、社会生活での困難を招くことが多いとされている。
「躁状態」と「うつ状態」の周期は、数週間から数ヶ月位が普通。
躁状態は、エネルギーが過剰にあふれている状態で、元気いっぱいで、活動的と自覚している。躁状態いろいろなことに関心や興味を持ち、
頭の回転も速く、自信に満ち溢れている。口数は多く、声も大きくなる。
このように本人は健康感にあふれているのだが、周囲から見るとその行き過ぎた状況が異常にも見え、時には迷惑をこうむるケースも多くなる。
しかし、そこで本人に注意したりすると、それまでとはうってかわって激しく怒り出すといった喜怒哀楽が激しい状態である。
うつ状態はこれとは反対にエネルギーが低下し、憂鬱になり、意欲もなくなる。うつ病と同じ状態である。


躁状態、うつ状態ともに、それまでの人格とは別人になったような
感じになるが、ほぼ完治が可能である。もちろん後遺症も残らない。
放置しておいても自然に治るのだが、それまでの間に、躁状態なら
人に迷惑をかけたり、お金を使いすぎたり、無謀な計画を立てたり
実行したりということがあるため、やはり治療が必要になる。
うつ状態は本人が非常につらく、最悪では自殺につながるため、
これもやはり自然に治るのを待つという訳にはいかないのが普通である。

躁うつ病は、最初の発症も再発も、原因が見当たらないことがよくある。
または、大したことではないような日常の出来事が躁うつ病の原因になることもある。
また、楽しいはずのことがきっかけでうつ状態になったり、悲しいはずの
ことがきっかけで躁状態になることもある。従って、躁状態もうつ状態も、まわりの出来事とは直接関係なく起こるものだといえる。
このため、躁うつ病の原因は個人の内側にあるという意味で、「内因性」と
呼ばれることもある。

うつ病の発症と経過

■うつの発症率
うつ病を発症する確率は、平成14年度に無作為抽出された1,664人の住民を対象に
行われた厚生労働省研究班の調査によれば、これまでにうつ病を発症した人は
約15人に1人、過去12ヶ月間にうつ病を発症した人は約50人に1人という結果であった。
また、うつ病の平均発症年齢は20歳代という。

■うつの危険因子
うつ病は女性に多くみられるが、これは女性ホルモンの増加、妊娠、出産など
女性に特有の危険因子や男女の社会的役割の格差などが男女差の原因として指摘されている。
うつ病の平均初発年齢は20〜30歳の間で、一般には若年層によくみられる。
また、海外では低学歴、低収入・貧困、無職者にうつ病が多いとされているが、
日本では社会経済要因とうつ病の関連ははっきりと証明されていないのが現状である。

また海外では、養育体験、最近のライフイベント(離婚、死別、その他の喪失体験)、
トラウマになるような出来事(虐待、暴力など)、社会的支援、性格傾向
(神経症傾向など)がうつ病の危険因子として報告されており、急速な都市化が
影響しているという可能性も指摘されている。

■個人及び社会への影響
うつ病の症状の進行経過では著しい精神的な苦痛を経験し、そのうつの症状の程度にかかわらず
社会的機能が低下、日常生活に支障が生じるとともに自殺の危険性も高まる。
虚血性心疾患、糖尿病、骨粗鬆症などの一般身体疾患にかかる危険性も高まる事も
わかっている。アメリカではうつ病による経済的損失は年間530億円と推定されているほどだ。

■うつ病の経過
うつ病にかかっても数ヶ月でうつの症状が治まる人が多い一方で、うつ病と
診断された人の約40%が1年後になおうつ病を患っており、それ以外でも20%の人が
何らかの抑うつ症状を呈していたという報告もある。

一度改善しても約60%がうつ病を再発し、2度うつ病にかかった人では70%、3度
かかった人では90%とうつ病の再発率は高くな流傾向がある。
このようにうつ病は長期的に持続する疾患であり、早期発見が大切なだけでなく、
長期にわたってのうつ症状の経過をケアする必要がある病気でもあり、地域での援助も非常に重要になってくる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。