冬季うつ病(季節性うつ病)

秋から冬にかけて寒くなり、日も短くなってくると、気分が滅入って何もする気が
なくなる。このような日照時間が短くなる秋から冬に限って現れるうつ状態を「冬季うつ病(季節性うつ病)」という。

冬季うつ病のはっきりとした原因はまだ明らかになっていないが、日頃感じている
ストレスと季節要因が絡まって、気分が落ち込む状態になるのではないかと考えられている。

冬季うつ病の人は、焦燥感や不安感に襲われるとともに、活動性が低下し、
体の不調を訴える等の症状がみられるのが特徴である。冬の間は一日中眠気が取れず、
無気力になる一方、甘いものを過剰に食べたり、欲しがったりする「過食」症状も
併せてみられる。

冬季うつ病は一度発症すると、毎年ほぼ同じ時期に繰り返し起こる特徴がある。
また、冬季うつ病の患者の男女比は圧倒的に女性が多く、男性の4倍近くに
上ることが明らかになっている。

冬季うつ病は秋や冬になると症状が出るので、日照時間の減少により、
ホルモン分泌や体温のリズムに変調が起きるのが原因になっているのではないかと
考えられている。したがって冬季うつ病の治療法としては、通常の抗うつ薬よりも、
強い光を患者に照射する「光療法」が有効とされている。

冬季うつ病の患者は、秋から冬にかけて調子が悪くなっても、春先になると
自然に元気が出てくる。このため、うつ病の治療を受けずに放置している人も
少なくない。冬季の不調を繰り返し経験している人は、一度精神科を受診することが
望ましい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。