うつ病の精神療法-カウンセリング

うつ病の治療法:カウンセリング

目的:うつ病治療の基本は患者をストレスから解放すること

具体例
・うつ病の患者は責任感が強いので、叱咤激励してはいけない。「頑張れ」や
 「甘えるな」という言葉が患者を追いつめるので注意が必要となる。
 励ますと余計な責任を感じてしまいので、それがストレスとなってうつ病の
 症状が悪化し、最悪の場合は自殺願望を抱くようになることもある。
 逆に「心配するな」「気楽に」といった内容の言葉をかけるのがよい。

・重要な意思決定は避ける。例えば転職・退職、離婚するか如何かと言った
 重要な意思決定はなるべく後回しにし、思考が低下した状態にある患者に
 無理をさせてストレスを与えたり、誤った判断をさせない事が大切である。

・十分に休養させること。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。