うつ病の原因

うつ病の原因は特別なことがあったからなるというものではない。うつ病は誰でもかかる可能性があるのである。
うつ病は心身のエネルギーを低下させ、いろいろな病気の原因になったり、病気を悪化させたり、最悪の場合は自殺の恐れも出てくる。


日常の様々な出来事がうつ病の原因となりえる。
主なうつ病の原因をご紹介する。


・家庭・職場などでのストレス(不和・借金・離婚・仕事・人間関係)
・喪失体験(役割・親しい人・火事・震災など)
・重度の慢性疾患(癌・難病など疼痛や日常生活で支障をきたす
 もの、アルコール依存症等の精神疾患など)

うつ病の原因となるキーワード一覧

仕事での過労・転職などの職場の異動・精神的ショック・経済的問題・
近親者の病気や死・身体疾患・家庭内問題・緊張の解消・異性関係の問題・
妊娠・出産・月経・対人関係・環境の変化



◇うつ病になりやすい性格
・几帳面 ・責任感が強い ・完璧主義者

性格の中で、上記の特徴が人並み以上に強い場合や、考え方に柔軟性が乏しい人、開き直りや決断が出来ない人は、ストレスを受け止めやすく、結果としてうつ病になりやすいといえる。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。