うつ病の発症と経過

■うつの発症率
うつ病を発症する確率は、平成14年度に無作為抽出された1,664人の住民を対象に
行われた厚生労働省研究班の調査によれば、これまでにうつ病を発症した人は
約15人に1人、過去12ヶ月間にうつ病を発症した人は約50人に1人という結果であった。
また、うつ病の平均発症年齢は20歳代という。

■うつの危険因子
うつ病は女性に多くみられるが、これは女性ホルモンの増加、妊娠、出産など
女性に特有の危険因子や男女の社会的役割の格差などが男女差の原因として指摘されている。
うつ病の平均初発年齢は20〜30歳の間で、一般には若年層によくみられる。
また、海外では低学歴、低収入・貧困、無職者にうつ病が多いとされているが、
日本では社会経済要因とうつ病の関連ははっきりと証明されていないのが現状である。

また海外では、養育体験、最近のライフイベント(離婚、死別、その他の喪失体験)、
トラウマになるような出来事(虐待、暴力など)、社会的支援、性格傾向
(神経症傾向など)がうつ病の危険因子として報告されており、急速な都市化が
影響しているという可能性も指摘されている。

■個人及び社会への影響
うつ病の症状の進行経過では著しい精神的な苦痛を経験し、そのうつの症状の程度にかかわらず
社会的機能が低下、日常生活に支障が生じるとともに自殺の危険性も高まる。
虚血性心疾患、糖尿病、骨粗鬆症などの一般身体疾患にかかる危険性も高まる事も
わかっている。アメリカではうつ病による経済的損失は年間530億円と推定されているほどだ。

■うつ病の経過
うつ病にかかっても数ヶ月でうつの症状が治まる人が多い一方で、うつ病と
診断された人の約40%が1年後になおうつ病を患っており、それ以外でも20%の人が
何らかの抑うつ症状を呈していたという報告もある。

一度改善しても約60%がうつ病を再発し、2度うつ病にかかった人では70%、3度
かかった人では90%とうつ病の再発率は高くな流傾向がある。
このようにうつ病は長期的に持続する疾患であり、早期発見が大切なだけでなく、
長期にわたってのうつ症状の経過をケアする必要がある病気でもあり、地域での援助も非常に重要になってくる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。