うつ病とは

うつ病とは一般成人では約10人に1人が、一生に一度は何らかのうつ病の症状を経験するといわれている程一般的な現代病となっている。最近は男性のうつ病がクローズアップされているが、従来は女性の方がうつ病は多く、4〜6人に1人の女性がうつ病を経験すると言われている。

この様な現代病とも言えるうつ病だが、その原因は正確には分かっていない。
ただ、うつ病は心の病、心の症状であると同時に脳の病気でもあるということは解っている。
うつ病の症状は、十分な休養と正しい治療により、うつ病患者の8割は完治が可能と言われている。しかし残りの2割は一度はうつ病を克服しても再発したり、うつ病の症状が慢性化するといわれている。
うつ病は一生治らない難病という印象を持っている人もいるようだが、本来は治癒率が高い病気なのである。
うつ病が完治するか慢性化するかは、多くの場合、うつ病の治療に対する取り組みの正しさがポイントになる。
様々なストレスの症状がかかった場合に、一時的に抑うつ状態になることは誰にでも
経験のあることだが、多くの場合しばらくすると抑うつ状態を克服し平常心に戻る。
しかしこのストレスが一定以上の強さや期間を超えると、自然治癒力を超えてしまうため、
うつ病の症状などを発病してしまうのである。
うつ病になると理由も無く「絶望感」「不安」「倦怠感」などが延々と持続する。
うつ病は「心の風邪」と比喩されることがあるが、その辛さは風邪の症状の比ではない。

ストレスに対する強さ(ストレス耐性)は個人によって異なるため、
同じストレスを受けてもうつ病になりやすい人とそうでない人がいる。これには性格が大きくかかわっている。性格は、遺伝的に持っている素質と、生育環境や
教育などに影響されて形成されると考えられている。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。