薬物によるうつ病の治療

うつ病の治療の方法には、まず休養が大切です。そして休養と共にうつ病の治療の基本になるのが薬物による治療なのですが、薬物によるうつ病の治療にはどのような薬を使用するのでしょう。うつ病の研究が進んだ現在では、うつ病は脳内で神経伝達を行なう機能が正常に働いていない状態だと考えられています。この「神経伝達を行なう機能」が異常な状態になっていることで、正常な感情や思考ができなくなるのがうつ病の状態です。なので、この脳内の障害を薬によって改善するのが薬物によるうつ病の治療なのです。うつ病の治療に用いられる薬を抗うつ薬といいます。うつ病に治療に用いられる抗うつ薬は、三環系抗うつ薬、モノアミン酸化酵素(MAO)阻害薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などの様々な種類があります。うつ病の治療に薬物が用いられるようになった最初のころは主に三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬が使われていたのですが、研究がすすむにつれてSSRIやSNRIなどのより副作用の少ない種類の抗うつ薬が開発されました。三環系抗うつ薬にはイミプラミン、トリミプラミン、アミトリプチリンなどがあります。SSRIにはパロキセチン、フルボキサミンなど、そのほかにもトラゾドン、スルピリドなどの抗うつ薬を用いてうつ病を改善します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。