うつ病とは

うつ病とは一般成人では約10人に1人が、一生に一度は何らかのうつ病の症状を経験するといわれている程一般的な現代病となっている。最近は男性のうつ病がクローズアップされているが、従来は女性の方がうつ病は多く、4〜6人に1人の女性がうつ病を経験すると言われている。

この様な現代病とも言えるうつ病だが、その原因は正確には分かっていない。
ただ、うつ病は心の病、心の症状であると同時に脳の病気でもあるということは解っている。
うつ病の症状は、十分な休養と正しい治療により、うつ病患者の8割は完治が可能と言われている。しかし残りの2割は一度はうつ病を克服しても再発したり、うつ病の症状が慢性化するといわれている。
うつ病は一生治らない難病という印象を持っている人もいるようだが、本来は治癒率が高い病気なのである。
うつ病が完治するか慢性化するかは、多くの場合、うつ病の治療に対する取り組みの正しさがポイントになる。
様々なストレスの症状がかかった場合に、一時的に抑うつ状態になることは誰にでも
経験のあることだが、多くの場合しばらくすると抑うつ状態を克服し平常心に戻る。
しかしこのストレスが一定以上の強さや期間を超えると、自然治癒力を超えてしまうため、
うつ病の症状などを発病してしまうのである。
うつ病になると理由も無く「絶望感」「不安」「倦怠感」などが延々と持続する。
うつ病は「心の風邪」と比喩されることがあるが、その辛さは風邪の症状の比ではない。

ストレスに対する強さ(ストレス耐性)は個人によって異なるため、
同じストレスを受けてもうつ病になりやすい人とそうでない人がいる。これには性格が大きくかかわっている。性格は、遺伝的に持っている素質と、生育環境や
教育などに影響されて形成されると考えられている。

うつ病の症状

うつ病の症状-思考面の症状
思考力減退、集中力困難、記憶力の低下、判断力の低下、考えが
まとまらない、決断できない、妄想

◇うつ病の症状-精神症状・感情面の症状
ゆううつ感、躁うつ気分、悲観的、不安感、いらいら感、劣等感、
取り越し苦労、後悔、愚痴っぽい、心配性、人に会いたくない、
罪悪感、自責感、自信喪失、自殺願望、何をしても楽しくない、
焦燥感

◇うつ病の症状-意欲面の症状
意欲低下、おっくう、無気力、根気がない、興味・関心の低下・喪失、
家事や日常生活ができない、ひきこもり

◇うつ病の症状-身体症状
全身倦怠感(体のだるさ)、疲労性頭重、頭痛、肩こり、筋肉痛、眼精疲労、
睡眠障害(不眠)、早朝覚醒、ときに過眠、食欲不振(食欲低下)、
ときに過食、性欲減退(性欲の低下)、胸部圧迫感、呼吸困難感、
動悸、胸やけ、口渇、便秘めまい、耳鳴り、味覚異常、関節痛、
四肢痛、しびれ感、冷感、頻尿、咽喉部異常感、体重減少、胃部不快感、
悪心、吐き気、嘔吐、胃部膨満感、腰痛、背部痛、生理不順

精神療法によるうつ病の治療

うつ病の治療法で精神療法というと、特別な治療なのかと気構えてしまいがちですがそれほどたいしたことがある訳ではありません。うつ病の精神療法は基本的に、診断してもらっている医師とよく話し合うことなんです。医師の治療といってもカウンセリングのようなもので、日々の生活での問題や悩んでいること、または考え方について医師に話してみることからはじめるといいでしょう。医師にそれらの話をすることで自分が何の原因でうつ病になったのか気付いたり、その原因を改善していくために行なうのが精神療法によるうつ病の治療の方法です。精神療法によるうつ病の治療は、うつ病が発症した原因となっているストレスがはっきりしていて症状が軽い場合に行なわれることが多いうつ病の治療方法で、反対に重たいうつ病の症状の場合には精神療法を用いることで症状がより悪い方向に向かう可能性もあるそうなので注意が必要です。うつ病は治療方法の選択と治療の順番が大切で、うつ病の改善のための基本となるのは、休養と薬物による治療です。実際には、これらの方法によってうつ病の症状が軽くなってきた段階でカウンセリングを行なったり精神療法を取り入れていくことが多いのだそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。